セメント攪拌して表層改良

表層改良とは?

軟弱地盤の層が地表から2メートル以内の場合に 軟弱地盤層に地盤改良材を散布し、攪拌し締め固めて地盤の強度を上げ支持地盤を造る工法です



表層改良の費用

表層改良の費用は、建築面積20坪くらいで20万円から40万円位かかります。ちなみに地盤改良材ジオセット1tあたり9,000円 土と改良材の割合は1tあたり15m3から20m3位ですので掘削・攪拌・締め固めが1m3あたり2,500円程度であれば大体の費用の計算ができます。面積×深さでm3の計算ができます。1.5m以上の表層改良は高額になりますので柱状改良も検討した方が良いでしょう

表層改良の短所

  • 重機運転手の技量により地盤改良材の攪拌のむらができ均一な改良ができない
  • 表層地盤は固くなるが地震に強くなるわけでない
  • お金がかかるだけで良い点はない
スポンサーサイト

2012年08月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 柱状改良の分類は杭工事ではない | 住宅基礎工事株式会社TOP | 合釘 >>












管理者にだけ公開する